トップ

野菜

サプリメントと医薬品と 

サプリと聞くと、薬の一種と考えてしまう人も少なくないでしょう。ですが、薬ではなく、栄養補助食品に分類されます。医薬品の場合、確実な病気や疾患に対して治療効果が期待出来るのが一般的です。それに対して、栄養補助食品の場合、病気や疾患の治療効果はありません。長期的に摂取し続ける事で、緩やかな体質改善効果等を期待するものです。ですから、摂取をしても、病気の治療効果は期待する事ができません。サプリと聞けば、薬と同じようなものと考えてしまう人も少なくありませんが、飲む事で病気が治るといった事はない事を覚えておく事が大切です。

サプリは医薬品ではないけれど。 

栄養を補助するためのサプリというのは、いわゆる医薬品とは違いますから、劇的な効果がないけれど、危険な副作用もあまり気にせずに摂取できるような気がしますが、やはり過剰摂取や飲み合わせなどには注意しないといけないものですね。情報が簡単に手に入る現在、多くの人は知識をきちんとつけて、把握した上で、それを飲んでいることでしょうが、見落とされがちなこともあります。例えばビタミンCは排泄されやすく、仮に摂りすぎたとしても、尿と一緒に出ていくので、一日の摂取量の上限が定められていないのですが、これは健康な場合のことです。もし腎機能に問題があるような状態ならば、ビタミンCの摂りすぎはその機能に非常に負担をかけることになるのです。医薬品ではないけれど、サプリは一定の知識を持った上で摂取したいところですね。

© Copyright サプリと医薬品の違い. All rights reserved.